ドッグフードのショッピング
HOME > ドッグフード > 生食 >馬肉ボーンミンチ
真空個別包装で保存期間一年
ディアラ馬肉 ボーンミンチ (冷凍生食)








理想の栄養バランスを追求したローフード
馬肉 ボーンミンチ


栄養豊富な骨の髄もまるごとミンチしました。
ミンチされているので、骨が内臓に刺さる心配がありません。 安心して骨、骨髄をあたえることができます。

真空パックなので、冷凍焼けの心配が軽減されています。
自然解凍、もしくは水の中に袋ごと5分程度浸してください。
簡単に解凍できます。 また薄く平たい形状になっていますので、必要な分だけ折って使うことができます。

フードにトッピングもOK

初めての生肉を食べるわんちゃんには、フードにトッピングするなどして、少しずつ慣らしていくと良いでしょう。

国産馬肉は牧草(アメリカの飼料)で育てられているので脂肪分が少ないのが特徴です。

お肉の形状は荒ミンチになっています。

 
500g (50g×10本) (真空パック) 1,620円 (税込)
【ご注意ください】◆冷凍商品以外の商品との同梱不可です。 他の商品は別送料計算となりますのでご注意ください。

【冷凍商品の発送について】※必ずお読みください。
◆こちらの商品は冷凍商品のため、クール便配送でお届けいたします。そのため、冷凍商品のみの発送となり他の商品(BONEボーン含む)との同梱・合算は行っておりません。 <詳しくはこちら>
◆送料648円+クール便代金216円がかかります。尚、冷凍フードのみで税込6,480円以上お買い上げの場合は、送料を無料とさせていただき、クール便代金216円のみ頂戴いたします。
システムの都合上お買い物の過程でのクール便加算が出来ませんので、
後ほどクール便を加算した金額をお知らせ致します。ご了承ください。
【ご購入例】

商品代金+送料648円+クール便216円
※代金引換便の場合は別途手数料324円がかかります。


・冷凍商品ご購入合計6,480円(税込)以上

送料無料+クール便216円

・冷凍商品ご購入合計10,000円(税込)以上

送料無料+クール便無料+代引き手数料無料

(常温商品およびBONEは別途の計算になります。)


カロリー表示: 190kcal/100g
原材料:

馬生骨

原産国 日本、カナダ、アルゼンチン
加工国 日本
保証分析値:

タンパク質 24%以上、脂肪 10%以上、灰分 28%以下、水分 36%以下


[給餌量]
与える量の目安は体重の1.5%〜3%です。
超小型犬、小型犬は体重の2〜3% 
中型犬は2〜3%大型犬は1.5%〜3%

スポーツドック 2%〜5%  
個体により異なります。
 
体重(s)
給餌量(g)
超小型犬

1〜5s

20g〜150g
小型犬
5〜10s
100g〜300g
中型犬 

10〜20s

150〜600g
大型犬
20〜30s
300g〜900g

■馬肉の特徴
【栄養豊富】
高タンパク質かつアミノ酸バランスに優れ、鉄分が豊富な馬肉。さらに、身体のエネルギー源となるグリコーゲンが牛・豚・鶏などに比べると3倍以上も含まれています。抜群の栄養価で愛犬の健康維持をバックアップします。
【身体にやさしい食材】
低脂肪・低カロリーの馬肉ですが、気になる脂肪分は牛や豚と異なり、不飽和脂肪酸(魚や植物に多く含まれるオメガ3・オメガ6系統)が豊富なので体に蓄積されにくい脂質といえます。また、血液循環を促しますので毛細血管まで栄養が行き渡り美しい毛艶を形成するとされています。余計な脂質を摂取したくない愛犬にとてもやさしい食材です。
【安心安全な食材】
狭い飼育舎の中で過密状態で成長促進剤などを投与し飼育されている食用動物が多い中、馬は走り回る必要があるので広い牧草地でのびのびと抗生剤やホルモン剤などの投与もなく飼育されています。そのため、日本国内で唯一、人間が生で食すことが認可されている安心安全な食材なのです。
【信頼の食材】
日本国内をはじめ多くの海外の動物園で飼育されている肉食獣は、その野生環境の食餌に近付けるために生肉を与えられています。上記の理由からその「生食」に「馬肉」が使用されていることが多く、「馬肉」を「信頼の食材」たらしめています。

■よくある質問
Q.1 生の馬肉食への切り替え方は?
できれば、1〜2週間かけて徐々に生の馬肉を増やしていくのが良いでしょう。
ドライフードだけを食べていた犬に、急に大量な生食が消化器官に入ると
腸内環境が変化に対応できなくなり一時的に軟便になる場合があります。
この場合は一度ドライフードに戻し、ゆっくりと切り替えることをおすすめいたします。

Q.2 生で与えても大丈夫ですか?
馬刺しと同様の鮮度管理、衛生管理をおこなっております。
もちろん加熱してもOKですが、せっかくですから、なるべく生のまま与えてください。

Q.3 生の馬肉を食べてくれない場合はどうしたらいいのですか?
ドライフードだけで育ったワンちゃんは、初めて与えられた生肉に戸惑って食べない場合があります。
どうしても食べない場合は、半生になる程度に熱を加えると、香りが強く出て嗜好性が増します。
その後、徐々に生のまま与えるようにしてください。

Q.4 馬肉だけですべての栄養は満たされるのですか?
馬肉=所謂馬の赤身肉は良質なタンパク質を摂取するためにとても適した食材ですが、 それだけで犬の健康を保つ栄養のバランスとしては不足しています。
犬の健康のためには、内臓類や骨をはじめとした草食動物を構成する「全てを摂取する」必要があり、
その理想の「全体食」を実現したものが弊社製品「馬肉パーフェクト」です。
この商品の特徴は自然界で草食動物を狩った場合に食すことができる部位がバランス良く含まれており、
犬が健康的に生きて行くためのすべての栄養が満たされます。

Q.5 どれくらいの量を与えたらいいのですか?
ドライフードからの切り替えやトッピングに加える場合は、
見た目でドライフードを減らした分だけ馬肉を加えて、様子を見るのがいいのではないでしょうか。
体重が減少するようであれば量を増やし、増加するようであれば量を減らしてください。
ほとんどの場合は馬肉は脂肪が少ないため、体重が減少する傾向になると思います。* 給餌量は、犬種、飼育環境、年齢、季節、去勢、避妊、などの状況により変えなくてはいけません。
又、太りやすい犬、太りにくい犬もいます。必ず、犬の体重の変化を確認しながら給餌量を調整してください。
散歩の時間が長かったら多めに与えたり、逆に雨で散歩の時間が取れなければ量を減らしたりしてもいいでしょう。
飼い主様が日々の愛犬の状態を把握し、適正体重を保ってあげることが大切です。

Q.6 馬骨ミンチは小型犬でも大丈夫ですか?
小型犬でも安心して与えることができるよう細かいミンチ状にしてあります。
嗜好性が高いのですが与えすぎると便が硬くなりますのでご注意ください。

Q.7 保存については?

冷凍庫(−18℃以下)で保管してください。製造後180日は新鮮な状態を保つことができます。
再冷凍すると栄養成分が肉汁と共に流れ出てしまったり、品質の劣化や鮮度の低下につながりますので避けてください。

Q.8 解凍方法は?
短時間での流水解凍か、冷蔵庫にて低温での解凍をおすすめします。
電子レンジでの解凍はおすすめいたしません。

Q.9 開封後は何日くらいもつの?

生肉です。すぐに傷んでしまいますので、お早めに与えてください。
開封後はなるべく空気に触れないよう開封口をしっかり折り込んで冷蔵庫で保管し、その日のうちに使い切ってください。

このページのトップへ