ドッグフードのショッピング
HOME > ドッグフード > サプリメント > 緑イ貝パウダーNaturalsea

シニア・関節などが気になるワンちゃんに
緑イ貝(ミドリイガイ)パウダー【Natural Sea】
 


45g入りボトル
ボトルが新しくなり使いやすくなりました。



エコパック 120g

グリコーゲンやミネラル、アミノ酸が豊富

緑イ貝はニュージーランドなどのきれいな海に生息する貝で、グリコーゲンやミネラル、アミノ酸を豊富に含んでいます。
世界的に有名な健康食品ですが、日本ではまだあまり知られていません。 特にフリーズドライは原料自体が入手困難でもあり高価なもので、 熱を加えていない緑イ貝は貴重と言えます。

ニュージーランドの原住民であるマオリ族は、この緑イ貝を「奇跡の貝」と呼び、栄養価の高い食料として長年食べてきました。
サメ軟骨、コンドロイチン等いくつかの原料と比較しても、緑イ貝は特別だと言われています。
最も重要なポイントとして「熱を加えていない」フリーズドライ(
マイナス温度)で乾燥させる方法です。 50℃以上の熱を加えていないフリーズドライの緑イ貝は、たんぱく質が破壊されされていません。
緑イ貝を与えたいと思っていたけど品質が心配と思っていた飼い主さまに、やっとお届けで来る製品が見つかりました。

由来がはっきりした無添加ピュア100%の原末ですので、シニアや関節などが気になるワンちゃん、ネコちゃんに安心してご利用いただけます。


45gボトル 3,000円 (税込)
エコパック 120g 7,406円 (税込)
お支払方法、送料、お届けについて >>>


原材料

緑イ貝

栄養成分

(100g中):エネルギー390kcal、たんぱく質69.7g、脂質6.9g、炭水化物12.2g、ナトリウム1400mg

保存方法 高温多湿の場所を避け、開封後は冷蔵庫などに保管してください。
原産国 ニュージーランド産
内容量 ・ビン入り 45g  ・エコパック 120g

味と与え方

いりこだしや、かつおだし、岩のりのような磯の風味がします。
ワンちゃん、ネコちゃんのご飯に混ぜてお与えください。
一日に
与える目安
関節などに痛みがある場合
体重5kg・・・1.5g
体重15kg・・・3.0g
体重20kg以上・・・4.0g
予防の場合
体重5kg・・・0.3g
体重15kg・・・0.6g
体重20kg以上・・・0.8g以上

緑イ貝に含まれる豊富な栄養成分
アミノ酸、プロテイン、ミネラルなどが豊富で、コンドロイチンー4、コンドロイチンー6など含むGAGS(グルコサミノグリカン)を含んでいます。GAGSは全ての結合組織の素です。
また、たんぱく質、オメガ3脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、複合炭水化物(グリコーゲン、グリコサミノグリカン)天然のキレート複合ミネラル、酵素、核酸、コンドロイチン硫酸塩を多く含有しています。
全身や節ぶしに大切な成分ですので、緑イ貝は関節が気になるワンちゃん、ネコちゃんに与えたい食材の一つでもあります。


【ご注意】
お子様の手の届かないところに保管してください。
ご自分のペットの様子をよく観察しながらお使い下さい。
症状が悪くなってきたり、全く変化が見られないときは獣医師にご相談ください。


【製造元への飼い主様からのお声:

◆わが家のイエローラブ(愛犬)の必需品です♪

毎日小さなスプーンで一杯分(0.5g)をパンに包んで与えています。体重も散歩コースも動きの面の不調が悪化して歩けなくなっていたことが信じられないくらい、前と変わらないまでにスムーズになっています。


◆ズキズキしている愛犬に

人間用なのは存じておりますが、愛犬(黄ラブの♂、29kgの7歳)に毎朝0.5gくらい与えております。動物病院から薬を処方され様子を見ていたのですが。突然寝返りをうつのすら鳴くようになりました。びっこを引きながら何とか散歩に行き…まだ7才なのに寝たきりになってしまうのかと、可哀想で可哀想で何とか、何か無いかと探してたどり着きました。動物用の飼料にも入っている成分ですし、ドライフーズの貝を食べて体をおかしくすることないだろうと。 少量ずつ与えていたところ…一日目の夜には足を着いて歩くようになり、2日目には寝てばかり居たのに立って室内を歩くようになり。3日目には普通にお散歩にいけるようになり。与えて一ヶ月経つのですが、ウサギのように駆け回っています。薬の相乗パワーなのか解りませんが。このまま続けて飲ませようと思います。


◆スムーズに動けない愛犬がおります

こちらの「緑イ貝パウダー」を飲ませてからと言うもの劇的に変化し、激しい運動をさせなければ全く問題無いまでになりました。今では毎日走り回って過ごしております。この状態を維持する為にも継続的に与えたいと思います。


このページのトップへ