ドッグフードのショッピング
HOME > ドッグフード > フラワーレメディ >フラワーエッセンス【アスペン】

ペットのストレスケアにバッチ博士のフラワーエッセンス
【アスペン】 ASPEN
●フラワーエッセンスとは?
●フラワーエッセンスの選び方

原因が分からない恐怖や不安を取り除く
臆病なワンちゃんを救ってあげたい。

【アスペン】 ASPEN (ヨーロッパヤマナラシ〈ポプラ〉)
理由なく物陰に隠れようとしたり、何かに脅えたように鳴き出したりする動物。
短気であったり、ビクビクしている、何かを恐がっている動物。
外出を恐かる動物。恐怖から失禁する動物のために。
不意の出来事に過剰に反応したり、パニックになってしまう動物にも。

動物は人間が感じとることの出来ない気圧の変化や視覚、聴覚、臭覚にすぐれています。
雷がまだ鳴っていないのに、ソワソワしたり、地震をキャッチして移動をしたり、とよく耳にします。また、飼い主さんの恐怖感や不安感を察知することもあります。
このような時、理由のはっきりしている恐怖のレメディー【ミムラス】と一緒に投与すると有用です。


欧米諸国では、数十年前より獣医さんも動物の健康維持にフラワーエッセンスを役立てています。
心の変化、行動の変化、ストレスなど、フラワーエッセンスは驚くほどの力でペットたちの心をサポートします。

●こんなワンちゃんに
引越しなど環境の変化に追いつけないワンちゃんには【ウオルナット】と共に与えると有用です。

【アスペン】の素ぶりを見せるワンちゃんは、【ロックローズ】も一緒に試す価値があります。
臆病なワンちゃんの性格が癒されて徐々に変わっていきます。


10ml 2,700円 (税込)
お支払方法、送料、お届けについて >>>

【フラワーエッセンスとは?】
約70年前、英国の医師バッチ博士によって完成したフラワーエッセンス。人間や動物などのマイナスに傾いた感情・精神に野生の植物エネルギーが作用して本来のバランスの取れた状態に導いていきます。

・自然で安心
フラワーエッセンスは野生の植物エネルギー。
副作用、習慣性もなく、人間のみならず、すべての動物・植物に安心して与える事が出来ます。

・フラワーエッセンスは医薬品ではありません。
病気や怪我の症状の場合は、必ず獣医さんの診断を受けて下さい。

・飼い主さんのストレスを受けている場合もあります。
その場合は飼い主さんがエッセンスを飲用することで、ペットたちの状態が改善していきます。

【フラワーエッセンスの与え方】
ミネラルウォーターを入れたトリートメントボトル(30ml)に、 各フラワーエッセンス2滴(ファイブフラワーエッセンスは4滴)入れます。
トリートメントボトルの希釈したエッセンスをワンちゃんネコちゃんのお口に 数滴直接か、ご飯に4滴入れて与えます。
また、飲み水に入れて与えても大丈夫です。
1日4回3週間を目安として続けて下さい。
更に希釈したエッセンスをスプレーボトルに入れて、空気中に噴霧して与えても 効果を期待できます。

【こんな時Q&A】
Q. うちのワンちゃんは注射をとっても恐がります。どうしたらいいのでしょう?
A. 恐いものの対象がはっきりしているのでミムラスがいいでしょう。注射や治療がトラウマにならないようにスターオブベツレヘムも一緒に飲ませてあげて下さい。
Q. 知り合いから貰った猫なのですが、食欲も無く、なかなかなついてくれません。
A. まず慣行の変化に対応するウォールナットを飲ませてあげて下さい。
Q. トイレの覚えがとても悪く、強く叱ってしまいました。なんだかビクビクするし、またそそうをするし・・・。困っています。
A. 同じ間違いを何度も繰り返す子にはチェスナットバットを!また怒られたショックが残っているようならスターオブベツレヘムを飲ませてあげて下さい。
Q. 散歩のときに知らない人や犬と接すると興奮して疲れてしまうみたいです。何か良いエッセンスはありますか?
A. そんな時はファイブフラワーを手に取り優しく撫でてあげてください。また家に帰ったら心身ともにオリーブで癒してあげて下さい。

このページのトップへ